RAGEシャドウバース ~プロへの道1000000戦!~

いったい何回勝てばいいのですか。。。

【シャドバ】18戦目(エルフ)『ざわめく森』攻撃不能の奇襲が上手くいった!

三巡目のスタートです!

十禍絶傑のカードパック30近く開封していますので心機一転楽しめそうでわくわくです…が、しかし、、、、相変わらず1枚とか中途半端な入れ込みが多く、クチャクチャしているのは否めません。

10種あるうちの「十禍絶傑」というたった1種類のパックに対して30開封あのザマですので、疎かになっている残り9種類のパックから手に入るカードたちがスカスカで、まだまだ手も足も出ません。。

ということで対戦を観ていきましょう~。

 

私ターン2

せっかく1で水の妖精さんが出ていながらにしてここで何も展開できないのは痛いです。「妖精の調べ」を普通に割るのは避けたいところでした…後の展開を見て結果的にキープで良かった。。。

私ターン4

「ざわめく森」のエンハンス出し!

エンハンスだとカウントが延びるのでカード引きとして大量に活躍してくれますが、「対空射撃」が見えていたので戻し狙いでいったん置いた感じ。2で出してしまうと次のターンでカウント0で終わってしまうので、実はここはやむなくでした。

個人的にエルフは後手が非常にやりやすくて気が楽で、ああ…そっか…先手だからまだ進化はできないのか…と、気落ちしてしまう場面が先手ターン4でもあります。ホントやることが無い…。

ちなみに、対戦相手のリーダースキルから察して基本形を逸脱したデッキ構成と(勝手に決め込んで)二段階処理の「ドラゴンウォーリアー」は来ないと賭けて勝負しました。相手ターン4でウォーリアー決められていたらおそらくここで終わっていたことでしょう…。

f:id:otomegirl:20181204171103j:plain

私ターン5

二巡目エルフでエルフの人と戦い、「対空射撃」を喰らって一気に差をつけられて敗北を経験しました。それでその時「便利なカードだなぁ…」と感銘を受けて、ふと気付けば3枚ちゃんと手に入っていたので新たに構成に入れました。

コスト1で、3ダメージ、カード戻し付き…やり過ぎにもほどがある便利さは自分が使うからいいようなもの、対戦相手からしたら鬱陶しいでしょうね…。

ここは予定通りのざわめく森を戻して進化残党へ破壊攻撃です。

相手ターン5

手札にある「ブレイジングブレス」が怖かったけど、フォーレに当てて二連撃割いてくれましたね!

ここで相手が、進化アタックとブレイズでウォーターフェアリー2体処理にいっていたらかなりピンチに陥っていたと思われます…これは大きかった!

ダークエルフフォーレ」ナイス!すごく好きなカード、デフォだけど。。

ちなみに「フォーレ」って何か意味があるのかな?と思い調べてみると…特にないらしい…ピアノ作曲家の人名が出るくらいで言葉としては意味が無いみたい…意外!?

私ターン6

手札が多いように見えて1/1フェアリーにまみれていますから、後半戦に向けて不安で不安で仕方がない(笑)

全体攻撃で一掃されるのを避けて水の妖精さんを進化しました。この辺は基本中の基本の動きかと思われます。

相手ターン6

「唯我の絶傑・マゼルベイン」

そんな…バカな…

まだまた低ランクと思われるこのレベル帯で、なにかこう、こんなのばっかりと対戦当たっている気がします…私のようなカードぜんぜん出そろってません1枚ピン刺し系なんて居るのでしょうか…そーゆー意味での「マゼルベイン」だというのか。。。。

私ターン7

ここで再び「ざわめく森」です!

ここは単純に攻撃不能を狙いたいだけなので2で出してしまいます。

「自然の教え手・アレア」女教師さんが来てくれたので勝利への道は見えました。一掃さえなければ…。

それでそうか、なるほど、と。

マゼルベインは強力で上手い具合に出れたかもしれませんけど、ピン刺し構成なのでかなり大量にばらけてそうですね。

意外と戦いやすいのかもしれない…4でドラゴンウォーリアーが来ることなど皆無だったのだと気付かされるのです。