シャドウバース 目指せ全カードのレポート!

シャドウバース「アンリミテッド」限定、随時追記更新中~ 共同執筆者募集中。。

変成の魔術

NO.0052「変化(へんげ)」

f:id:otomegirl:20190422171835j:plain

アンティーク★★★★☆(ほとんどまるで欠片にもみない、が稀にいる。) 

俄然強め度数★★★★★(強いに決まってるじゃん?)

再利用評価!★★★★★(メタる斬りの最高峰!) 

MY利用率。(メタる斬りマニアの私には必須!!)  

 

📚「変成の魔術」を語る… 

こんな便利なカードが初期パックにすでに入っていたことに驚かされます…凄い贅沢、豪華!ウィッチは最強にして最凶のメタる斬りカードを第一弾から所有しているのです。

第2弾パックでビショップに「熾天使」が追加され、それと同時にアミュレット消滅手段コスト8「オーディンニュートラル)」が登場しました。これを以って全クラスで「ラストワード」を持つアミュレットの対処が可能となるのですが、ウィッチはコスト3でそれを初期バースから持っていたのです。

初期時代シャドウバースを始めた人誰しも一度は体験するであろう、ビショップ戦での召喚獣のアミュレット破壊…って、アレ?…破壊したらふ化しちゃった。。。。体験。

召喚獣アミュレットを破壊しても「ラストワード」が発動されてしまうので意味がないのですよね。召喚獣のふ化をとめる術は、初期パックではこのウィッチを除いて他になかった。

そう、変化という最凶のカード。

これを使うことで対ビショップ、圧倒的な強さを誇っていた。

それだけじゃない!

ラストワード、ここが大事!

そう、ネクロマンサーに対しても恐ろしく強かった。強きに行ける。変化があるだけで。

特にどのクラスの天敵でもあった対処のしようがないだろう?ってほど嫌な敵だった「モルディカイ(ゴールド)」(これが初期パックにあることもまた驚きだが…)これすら、変化の前では虫けら同然でしかない。

もちろん他にも「地獄開放」のリッチ化を防いだり、「カムイ」のディフェンスなんて卑怯なカードなのだ…ってそれとか、イマドキの人はその怖さを知らないであろう「アンデッドキング」のゾンビ展開を防いだりと、大活躍していた対ネクロの変化だ。

とにかくフォロワー、アミュレットと見境なく効果を発揮できるので、ラストワードとか関係なしに例えばドラゴンの「竜笛」のような鬱陶しいアミュレット封じや、サタンの使者「サーヴァント(13/13)」のような巨大スタッパリー型フォロワーの対処とか、初期バース時代流行ったニュートラル守護「ゴブリンマウンテン(3/7)」のような守護の突破とか、万能にして敵なしの最強の1枚だった。

 

 

取扱説明書みたいな ✍

一石五鳥!?鬱陶しいアミュレット、ラストワードを封じる!

既に上で書いてしまいましたが…

普通は?

普通は、例えば「黄金都市ビショップ」が流行っているから、じゃあ「天空剣」をメタる斬り要員として入れ込んで使い活躍させて、ある時たまたまアーティファクトネメシスと当たって「加速器」破壊できた、とか。「め~ふ」利用者とたまたま出会って、たまたま天空剣が刺さった、とか。

あるいは闇喰らいヴァンパイアが流行っているから、よし、リーダー回復要員として「エカテリーナ」を入れ込んで活躍させて、たまたま速撃ロイヤルと当たって、序盤削られたリーダー体力を回復して逆転勝ちできた、とか。

メタる斬りは流行の傾向と対策なので、極端に幅広く対処の利くメタる斬り要員を入れ込むことは大抵、できない。その傾向に対してこの対策であり、たまたま違う場面で活躍することはあっても、それはあくまで「たまたま」でしかない。

ところが…この「変成の魔術」は、たまたまではなくて、一石で5鳥も6鳥、7鳥も落としてしまうほど優れたメタる斬り要員となるのだ!

これを入れておけばとりあえず幅広くカバーして対処して戦っていける、そんな素晴らしい有能カード。

巨大な守護突破を試みよ!

シャドウバースユーザーは守護率低いのでたいていはガラ空きで通るのだが、それでもやはり真に上級者・超級者たる者たちはディフェンシブな面もきっちりやってくるタイプの対戦相手も稀にいるもので、そんなとき、「おおっ!?」という誰も使わないような守護カードを繰り出すことも多い。

ウィッチはスペル構成が主流すぎて「握撃」や「ウインドブラスト」強打で守護の突破が容易であると、誰もが考えるであろうが、まずは土の印構成、そういった強打がムズカシイからこそ、変化はなんとも頼もしい守護突破要員ともなるし、ニュートラル構成、今後に期待の機械型なんかでも大活躍する。

ホントにバカの一つ覚えでスペルだけやってれば変化の魅力にはなかなか気づけない(だからこそこれほどまでに万能でありながらにして利用者は非常に少ないのだろう。)変化の魅力は、攻撃スペルやフォロワーぶつけて突破できない巨大な守護に立ちふさがれた時、「ナイス変化!ナイっスぅ~~!!」ってなった時、初めて理解できると言っても過言ではない。   

 

【特別企画】変化させて気持ちイイっ!カードたち一覧~♫

 エルフ

序盤でガッツリ強化された「エンシェントエルフ」

怪物スタッツ「獣戦士・セタス」「森神様」「ハゲ魔婁導師」「エリン」「真・シンシア」

最強最悪の1枚「美女と野獣

 

 ロイヤル

鬱陶しいアミュレット「最前線」「鉄壁の城塞」「盗賊の極意」「天空城」「ルミナス旗印」「御旗」「支援砲撃」「兵士の誓い」デュランダルン」「レオニダスの遺志」

守護率高いロイヤルの守護陣全般、ふざけたステータスの「アルヤスカ」

ラストワードが鬱陶しい「バルバロッサぁ~」「ジェノア(フロントガードジェネラル)」「レオニダス将軍」

巨大スタッツ「古の英雄」「スカイフォート」「ジライヤ」「レイサム」

 

 ウィッチ

ウザギウスの「ペイズリーさん(幻惑の奇術師)」

序盤出られると困るハイスタッツァー「呼びおこ(呼び覚まされし禁忌)」

ブーステッドフォロワー「ルーンブレイダー」「フレイム」「狂信者」+「魔法剣」

ラストワード封じ「オリハルコンゴーレム」

 

 ドラゴン   

アミュレット封じ「儀式」「竜笛」「コア」「首飾り」「峡谷」「無謀な戦」「咆哮」、一応「庭園」

高体力全般、「真・駄馬ウォック」

鬱陶しいラストワードウロボロス」「天九牛(天窮の竜神)」利用者皆無だが「輝石のドラゴン」 

 

 ネクロマンサー

全てのラストワード持ち

とくに脅威な「よろめ 」「従者」「白菜の王」「トワイライト」「バロール」「フチ子」「カムイ」「モルディ」「ダークアリス」→「力比べ(ニュートラル・アミュレット)」 

 鬱陶しいアミュレット「冒涜」「コア」「ゾンビの街」

大型スタッパリー「速撃ホネキング」「マンモスくん」「先送りケルドライン系」「タイラン様」 、地味に「ジェド・マロス」

 

 ヴァンパイア

割と地味に「薔薇娘。」(アンリミテッドでは闇喰らいの強化に抜群の効果を発揮する)

割と地味に序盤の「蜘蛛女(1/4守護)」

超ブッ刺さり!!恋多きヴィーラ姉さん、フラウロス、ヨルムンガンド

漆黒の契約、悪魔の鍵、ブラッドムーン、コア

ターン4の強者「ソウルディーラー(利用者皆無)」「ベルフェゴール」「ナルメア」

 

 ビショップ

アミュレット全般

とくに脅威な「陽光(フォロワーの守護化)」「熾天使

スノーホワイトプリンセス、カグヤ、ツタンカーメン権化、熾天使・ラピス

ハイスタッツ守護者「クレリック」「ソニア」「ヘヴンリー」「メタリック」

 

 ネメシス

アミュレット「加速器」「球根」「白黒(特に黒)」

ラストワード無限復活「プライム」

 

 

変成の魔術を使いこなすデッキ紹介~おやしらずおやしらずおやしらず

f:id:otomegirl:20190519094147j:plain

ウィッチにおける数少ない速撃手段「いちびり印タイム」の中で活躍する変化。

主に守護突破、序盤の鬱陶しい高スタッツ処理、アミュレット封じで速撃の手を緩めることなく守りもこなす万能さ。
奇術師ペイズリーさんの連打重視と若干噛み合いの悪さはあるものの、守りが勝ちにつながる場面ではあえて土の印を消耗してでも「消滅」に徹するケースもあるだろう。

昔も今も、変わることのない完成された強きデッキ。

 

 

👥変成の魔術の活躍の場面の動画の集~~~!    

スノーマンと見下されて巨大な守護の進化設置、しかし甘い!変化で容易く突破する、こーゆー場面を私は幾度となくやってのけてきた。逆に、対戦相手からされたことってほとんど全くない。

 

これはお見事でした! 

メタる斬りの最たる名場面と言っても良いでしょう…自画自賛も半端ないけど、まさにこーゆーことなんだよね。 

 

守護突破にも活躍するよね~昔はネクロの「カムイ」に対して最高傑作級の突破策となったものです…懐かしい。。。

 

総評(変成の魔術)  

いつの時代も、変わらずに愛され使われ続けるカードというものは多かれ少なかれ、各クラスに数枚存在しているものです…。その逆に、非常に優秀で最強でありながらにして、流行デッキを真似るしか能の無い勢によって使われることなく埋もれてしまっている逸品、名カードも多々あることでしょう。それがこの「変成の魔術」、これの利用者はほぼいない、私のように賢きプレイヤー、メタる斬りたいプレイヤー、傾向と対策をきちんと網羅するプレイヤーは使うでしょうが、その人数の割合は少ないためどうしたって一個人、私と対戦する機会というのも少なくなり自然と「誰も使ってねーぇぇ。。。」なカードに成り下がってしまう。(世界規模で遊ばれている大人気ゲームだから、利用者はちゃんと居るであろうけど、それにもまして流行デッキの勢が多過ぎるということだ。)

 

非常に使える、使えないわけがない、いつでもどんな時でも最強にして無敵の超有能なカードである。

あなたが、このカードを繰り出す対戦相手と出会ったならば、「あ、コイツ、ただモノじゃないな…」と思ってい貰って構わない。

真に強者が使いこなす最強のメタる斬りカードなのです。

で、…あなたは、どうですか?

使っているとか、いないとか?