シャドウバース 目指せ全カードのレポート!

シャドウバース「アンリミテッド」限定、随時追記更新中~ 共同執筆者募集中。。

【シャドバ】清純なる祈り・エイラ そのナーフに一言モノ申す!

f:id:otomegirl:20190712092746j:plain

公式サイト

絢爛のセクシーヴァンパイアについて

 

これはもうね~(笑)

思わず笑みがこぼれるしゃどばすあるあるみたいなもので。

いつぞやのドラゴンクラスにおける極端な入れ込み「ライトニング」「ウロボロス」「風少年」と似ていて、というかあの頃と同じ感覚に浸れるノスタルジックなバースな感じぃ~、みたいなもので、これはもうわかりきっていたよね…。

後出しじゃんけんも甚だしい卑怯な物言いかもしれませんけど、これはもう弱体化があるだろうと分解せずしてキープしちゃっていい系のやりすぎカードでした。

それで常に思うのが作り手の「そーゆー強引なやり方」に対する腹立たしさね。これが大切。 

アミュレット「祈祷」がコスト3

それをたったpp2で、2/2(4/4)フォロワー(実質コスト2系)と合わせて出せている時点でおかしいだろと。

作り手に言わせれば「じゃあカリオストロはど~なのさ?」

なんて逆ギレしてきそうな雰囲気があるものの、あれは取っ手出しだからね…ずっと場に残り続けて作用できる祈祷アミュレットが、コスト2で出せていいわけがない。ましてイマドキのバカみたいに進化し放題のバース時代において「進化した時…」は何の負荷にもなっていない。

極端な話例えば、ロイヤルで、コスト2フォロワーで、進化して「支援砲撃」を設置するようなことがあっていいはずないのと同じ。「旗印」とか「御旗」とか「兵士の誓い」とか、レオニダス将軍の「アレ」とか。気安く容易く気軽に設置出来ていいわけがない。

ブラッドムーンに関してはそこそこ良く出来ていたじゃない?

ツヴァイもライカンも、しっかり手札に加えるにとどめていた。

あれが、ファンファーレもしくは進化で設置出来てはダメだったんだよね。

 

アミュレットに関しては特に注意深く気を使って作り込む必要がある。

 

例えばドラゴンで、コスト2~4フォロワーが進化して「連なる」とか「無謀」とか「峡谷」「牧場」でもいい、設置できちゃったら、やっぱりダメじゃん?

利用者がいないからってウィッチの「力場」とかドラゴンの「竜爪の首飾り」とかネメシスの「クリスタルキャノン」とか、氷漬けの巨象とか各種コアとか。

リーシェナが進化して黒設置しちゃったら誰もが発狂するだろう。

天狐砲だってそうだよ、恒例の手抜き製作で焼き増ししようとして「じゃあお次は天狐砲、いってみよ~♪」っつって、pp2で進化して設置出来ちゃったら、アホ丸出しでしょう?

それと同じことなんだよね、今回のこの件は。

ど~考えてもおかしいと。

これでいいならだったらもう何でもいいじゃん?

にしかならない系であまりにも酷すぎたしゃどばす界の最たる汚点となった。

 

これもだから絢爛と同じでやりたいことは分かるのよ?

祈祷って「えヴるぶ期(第2弾パック)」のカードで当時から利用者はそこそこいて、回復と強化の多段戦法はハマると強かった。今となっては利用者皆無のアンティークカード「オリヴィエ」で進化ポイント回復して長引くバトル。中には「熾天使」なんて持ち出す馬鹿もいたりして。

ただ、かつての祈祷(構成)の弱点は、アミュレット「祈祷」が引けないと、虫けらみたいに弱かった…。

13期の新型ですらそうじゃない?

祈祷のセッティングが出来ていない哀れな祈祷マン、無意味な回復を繰り出すしか能がない、そして無様な敗北。

ハマれば強いがハマらないと虫けら同然。

それでこれは、ローテーションに目を向ければ祈祷自体はこの「清純なエイラ」のみだから、結果昔と同じように引けなきゃ雑魚であるのに変わりはない。

ところがアンリミテッドに於いては、まんまのアミュレット祈祷と清純を併用することでセッティング率を高めることができた。まんまで出せるなら3でとっとと出せばいい、進化を他のフォロワーに回せるアドバンテージも得る。清純エイラはこれはこれでコスト2で『守護』だから?祈祷の鬼強化と合わせて後半以降も腐らないんだよね。

たとえば13期に実装されたエルフの「真・エルプリさん」は、進化ポイント尽きた後だと使い道は無い。無用の長物の典型。そしてこれこそが進化系のあるべき姿でもある。

とろこがこの清純エイラは2で守護まで付いているから祈祷強化によってどんな場面でも腐らず活躍できる余地が多分にある点と合わせて、絢爛でも触れましたマナレシオを極端に逸脱した「あ・き・ら・か・に、おかしい!」って、そんなカードだったのです。

この手のカードゲームに慣れ親しんでいる人やシャドウバースをそこそこ長らく遊んでいる人たちであれば誰しもが「弱体化されるに決まってる!」って、なんだったら「コスト4に弱体化される」って自信をもって断言できる1枚でしたね。

 

しかしこれもまたアンリミテッドの面白さで個人的には新型祈祷マンとの対戦は非常に面白くて楽しめました。

昔からそうなんだよね~…祈祷マンとのバトルは個人的には好きで楽しめる。激闘になる傾向があって。また、アミュレットを破壊してやるこちらの策を撃ち込む面白さとか。

今、次のネクロマンサーの記事に備えていろいろと研究しているところでございますけれど、「ゴエティアメイジ」なんて誰も欠片も一度たりとも見かけたことのないようなカードが活躍できる機会にもなっていた…。 

いい勝負になって面白いんだよね~祈祷マンとのバトルは。

ゴエティアは、初期バース時代の「め~ふエルフ」に対するメタる斬りとして私は使っていた思い出のあるカードですけど、対戦相手でこんなカード使ってくる人見たことないでしょう?

こーゆーカードがしっかりと活かされるチャンス場面にあったのは間違いない。

 

とはいえ、ね…

天空シュート(エンジェルシュート)と合わせて、対処手段(アミュレット破壊、消滅)があるから別にいいじゃん?

とかそういう問題ではなくてやっぱりダメなものはダメなんだよね。

ローテーションで聖獅子系のカードがごっそり抜け落ちるからって、じゃあお次は祈祷を再興させよう、ビショップをそれで盛り上げよう!っつって、ごっそり抜け落ちたハゲ散らかしたオッサンどもらの悪乗りで作ったような「マナレシオを極端に逸脱したカード」というものは、やっぱりダメなんだよね。

2で出したモノに対して4で処理しろって?

昔から「シャドバにはマナレシオの概念がない」なんて言われてはいるけれど?

極端に逸脱してはダメなんだよ。

ここで例として、あからさまに極端な例として挙げた「コスト2熾天使出せたら…」をまさかまんまやっちゃってるのと同じこと。それでいいならあともう何だっていいじゃん…って。ドラゴンのあれとかロイヤルのあれとかヴァンパイアのあれとかネメシスのあれとか、作り手の気まぐれ気分次第でなんだっていいって、そんなレベルに成り下がる。

 

 

弱体化修正後

清純さを失った淫**エイラは、アンリミテッドで暴れまわっている…ナンジャソリャ。。

上で散々エラそうなことを書き殴っていますがアンリミテッドにおいて、祈祷問題は清純エイラをどうこうすれば解決!…とはいかないのです。

 

アンリミテッドにおける祈祷構成の真の問題点…

 ・コスト1ヒールが多くなりすぎて大強化がいくらでも可能

    → アミュレット「祈祷」まんま利用で、強い!

    → 怪物スタッツの並び、誰がまともに戦えるというのだろう?

        → ウィッチの激滅。

 ・「リペアモード問題」

    → 今後も増える馬鹿の一つ覚え。

    → 機械フォロワーのみの回復でなければならなかった。(祈祷関係なしに)

 ・清純エイラの3/4(5/6)守護ゆえに進化アタック次相打ちに持ち込める高いステータス

    → 本来は、3/4(4/5)

 ・真クルト問題 

    → ど~せビショップと言えば「テミス」が恒例なのだから? 

        → しかしそのテミスはちゃんと自陣を巻き込んだ

    → オート回復、低コスト回復が増えたことで進化尽きた後半でも腐らない。

 ・ヒール関連フォロワーに守護が多すぎる

    → これこそが祈祷問題の最たる極み

 ・ビショップ恒例「イージスオチ」で良いという風潮に結びつくオチ

 

上の橙字で述べたアンリミテッドにおいては清純と祈祷まんまの6枚まで入れ込み可能だから祈祷のセッティング率を高める狙いで祈祷ビショップは清純弱体化後も使用率は非常に高い!

清純の4コストなんて結構ど~でもいい。

弱体化前・後と対戦していて、きつさや勝てなさ加減はたいして変わらない。

こちらの処理がメタる斬って上手くいけばこちリーダー体力無傷で圧勝とか、恒例の祈祷が出なけりゃ虫けら同然とか、逆に相手のぶんぶん回った時の破壊力とか。

それで前と後で大きく変化した点に、守護率がエゲツないくらいに高まってしまった。

ブローディアをはじめ「聖域のバロン」や「真ソニア」、ファーザーディフェンス、中には「ヘヴンリー」なんて持ち出す馬鹿もいたりして。

ただでさえヒール関連に守護フォロワーが多いのにさらに被せて守護が上塗りされて守護まみれになってきている、これはなかなかに強敵と化した。初期バース時代の「陽光戦術」のような邪魔臭さ、鬱陶しさが今の祈祷ビショップにはある。  

 

  

この子はどうしましょう…

f:id:otomegirl:20190714082808j:plain

フォロワーを出してまともに戦うことがバカらしい。。。もまたしゃどばすあるあるみたいなもので?

ヴァンパイアで、絢爛と哀切とがあわせて弱体化されたように、新型祈祷ビショップの脅威となっている二段構え「真クルト」も同時に弱体化してこそ、という声が多くあるようです。

個人的には否定もしないし賛成もしない。非常に難しいラインにいる真クルト。

真クルトがいなければ、祈祷ビショップは実はたいしたことは無いと知ればこそ。

「祈祷が出せない祈祷ビショップは雑魚www

と、同じで真クルトが出ない祈祷ビショップは実は弱い。(その構成が熾天使やイージスオチを狙った耐え凌ぎ系であれば話は別だが…)

厳密に云うと「メタる斬るのが容易い」ことによってこちらの勝率の方が上回る。

実際、前・後どちらでも祈祷の出は確定的として、あとは真クルトが出るか出ないかに勝敗が左右されていると言っても過言ではない「そんなバトル」が常に多くあった。

これもまたしゃどばすあるあるみたいなもので?

いつぞやの「(弱体化前の)ウ・イィー」の4ダメージ一掃、それが来なけりゃこっちの勝ち、とか。ドラゴンで「(弱体化前の)ライトニング」一掃無ければ勝ち!とか。

フォロワー展開して上手く攻め込んで、逆に一掃頼みの相手のダラつきでこちらリーダーはノーダメージ。こちらの方が上手くちゃんとカードゲームしている。それでも、たった1枚の全壊一掃カードでそれが覆りこちらの綺麗な陣組がぶち壊されて一気に劣勢に陥る。

これが、シャドウバース。

それが、シャドウバース。

コントロールヲタに聞きたいんだけど…こーゆープレイで「コントロールしてる感」に浸れるものなのだろうか…「上手くコントロールできてるわ~ボクちゃん天才(๑≧♉≦)テヘッ」みたいな?

あるいは「コントロールヲタはこんなやり方はやらんよ」と?

「なんでこんなんで負けなアカンねん。。。」

という腹立たしさはあってもアンリミテッドに於いてはビショップはいつだってこれが如きでしたので、「慣れ」だよね、もはや。成れの果ての慣れのレベル。慣例感。

テミス一掃のストレス、何を思ったか「粛清」でテミス第二弾をつくる大馬鹿野郎の作るゲーム。黄金都市の儀式一掃、誰があのラインを越えられるというのか?超える時は相手にそれがない時。

PC版開始後の初期バース時代のユーザーの評価に多くあった「シャドウバースはフォロワー出してもすぐ破壊される」の基本形。今もなお続く伝統的な形。

 

こーゆー一掃に関しての真の問題は、結局こちらの「上手さ、巧さ」は無下にされて「相手に一掃が無ければ勝ち、一掃されなければ勝ち」って、そーゆー勝敗になっている点。

上の2つ目の対戦動画なんて、3まで追い詰めておきながらにして一掃されて8まで回復されて、それはもう無理だよね。。。昔みたいにバハムート持ち出して?レオニダス持ち出して?終盤以降もきちんと戦えるようにして?そんなことやりたないわドアホ!

一般ユーザーのレベルで「真クルト強いじゃん」「そっちを弱体化しろ!」という声を鑑みた時、真クルトがいなきゃ実は虫けらなんやで…って、おそらく誰もが気付いている。

そうそうそう!

だから、いつからか、新型祈祷マンの中に「狂信者(コスト4、0/2)体力2以下全壊」利用が多々見られる対戦もあるほどで。

そのうちコスト5の「エンシェントなんたら」まで出て来たりして…

だから新型祈祷ビショップでも「テミス」の利用が普通にみられるし、あの~…あれあれ、なんだっけ…ニュートラルの、コスト8とか9の「イスラー」利用すら何度か見かけた。

私はアンチ流行デッキなので一度たりとも使ったことはないけれど、祈祷ビショップにとって一掃することは大事な戦法の一つなのです。それは逆に対戦相手として戦っていて分かるレベルで。

真クルトを取り上げても他でカバーできるからいいじゃない?

はあくまでアンリミテッドの話であって作り手はローテーションを重視しているのでそこは考えてはいけない。。。 

 

 

アンリミテッドにおいて本来修正すべきカードがある… 

f:id:otomegirl:20190714090709j:plain

実装当時から思っていたこととして、どう考えても強いよね…強すぎる。。。

利用率は今のところ皆無に近いレベルで少ないけど、2回くらい出会ったかな、新型祈祷マンの中に混ぜ込んでくるスタイル。

実装当時から思っていた、「このフォロワー以外のビショップフォロワーが攻撃する時…」でなければならないと。

新型祈祷マンの流行っているスタイルは大型スタッツの並び戦術だけど、恒例の「獣戦姫」と天狐を合わせて利用しての大強化攻めは、実はこちらの方が厄介で手に負えない。

少なくともフォロワーを並べてぶつかり合いたい肉弾戦的戦法をとるデッキ構成においては(ヾノ・∀・`)ムリムリ

5で4/5で進化して6/7で、なおかつ祈祷があれば進化アタックで7/8になる…

その他のフォロワーが攻撃できるのであればさらに上がる!

 

これの面白いところは、いつぞやのネクロマンサーの「リーパー」みたいなもので。

リーパーなんてある時点までは利用者ほぼ皆無で、使いようのなかった初期バース時代のカード。それが、ヘクターとともに現れた「ホネ皇子」の登場によって、とてつもない強さを発揮するようになった。

そしてどうなるかって、まさかのリーパー弱体化。(ホネ皇子もついでに)

「天狐」だけのそれだけの能力は、普通。さして問題ではない。

ところがアミュレット「祈祷」と合わさることで鬼と化す。

 

それで結局いつだつて、いつぞやの天狐砲と同じで。

それらでゴチャゴチャやって、最終的には「イージス」持ち出せばいいっていう「イージスでいいじゃん!」って、ここが他のクラスとは違うビショップのやり方なので、祈祷問題は「清純エイラを弱体化すれば解決!」とはならないんだよね。

低コストヒールの多さ、祈祷と清純の二段構え、守護率の多さ、真クルトの存在感、健在のテミス、そして恒例「イージス」、頂点ランク帯のガチ感漲る構成は今もなお強い部類にいる。 

それでまた絢爛でも書いたように、これもおんなじなんだよだから結局…

本当の問題、真に恐るべき問題、いつだって作り手はアホだから、アホゆえに、まんまとアホなやり方をしてしまうもので…

つまり「清純エイラ」的なやり方をするカードの再録、フォロワーからアミュレットが飛び出しちゃう系、おんなじ物の焼き増しを必ずまんまとやってしまう。それでまたアホだから、アホゆえに、まんまとそれを低コストで出してしまうんだよね…。

足りないのは髪の毛だけにしてくれよ…と。 

 

もう1枚の鬼…

f:id:otomegirl:20190714110150j:plain

ペチペチ当てて攻め込む時、ヒールによってチマチマと回復されては倒しきれない。

そこそこ大きめの強打を叩き込んで勝ちをもぎ取りたい時、ブローディアの効果によってペチペチ扱いになってしまう…

どうしろうといのか?

いちいちいちいちアミュレット全てを破壊している暇などない。

「アミュレットがある時」は、ビショップにとっては何のマイナス要素(扱いづらさ)でもない。

イージスのコスト9に対してこのブローディアも9にあてて、最終的なディフェンダーとしなくてはならない。

6でレッフィーちゃんが出て来て、7でブローディアの流れは常軌を逸して凶悪。

上で述べたように「結局イージスでいいじゃん!」という粗末なオチが待っているからして並大抵のことでは突破できないんだよね。

 

序盤で強打!

後半ペチペチ!!

そんなことできるカードがあるわけ… 

ある。。。