シャドウバース 目指せ全カードのレポート!

シャドウバース「アンリミテッド」限定、随時追記更新中~ 共同執筆者募集中。。

【シャドバ・森羅咆哮】エクセスプリースト 環境破壊の諸悪の根源に弱体化希望の声、止まず。 ~アンリミテッド評価!~

※画像拡大でクリックを表示してください。。

f:id:otomegirl:20191024083908j:plain

アンリミ感★★★(全ての大型秘策の一手リーサル手段の設置がこれに喰われる。)

分解禁止令☆☆☆(分解するも何も絶賛不具合中~!)

ぶっ壊れ度★★★(とうとうここまで来たか…と。)

※黄金都市弱体化前に書いたものです。。。f:id:otomegirl:20190913000818j:plainよくもまあやってくれたな…と。

2で、カウントが1で、ランダム消滅。

バース史上最も優れた最優秀除去カードがついに実装されてしまった。

そのうち2で1で全消滅なんてカードも来ることだろう。

 

シャドウバースのPC版の正式サービス開始とともに利用者(ユーザー人口)もぶわぁぁぁっと広がっていった、そして多くの「この手のカードゲーマーたち」が喰いつくのだが…

概ね彼らの評価は

「シャドウバースは除去が多過ぎて強すぎて場にフォロワーが何も残らない、残り辛いから面白くない、ストレスしかない」

という評価で溢れかえっていた。

本来は、フォロワーを置いて、置いて、どう動かしてこう動かしてという思考性で楽しみたいのに、フォロワー出てきたらハイ除去~、出てきたらハイ除去~。テミス黙示録~ハイどぉぉん!初期バース時代のエルフの「根源」がコスト5に設定されているつくりを見れば察することもできるだろう。

過剰なストレスは根源一点ではないんだよね。

除去まみれのゲーム性そのものだったんだよね。

 

それでいつしか…バハムート期(第3弾パック)だったかな…ネクロで「よろめ」なるカードが出てきて、コスト2でランダム破壊というワケのわからん強きカードが実装されて利用率は非常に高く、今もなお利用者は途切れない。

私はよろめ実装期から言ってきたこととして

「2で何でも破壊出来たらいかんぜよ。。。」

「せめて破壊対象をコストで制限しなさい」

と。

つまり、2のよろめで渾身の一手「インフェルノドラゴン」があっけなく破壊されていいわけがない。高コストppを割いて繰り出した渾身の大型一手を、たったpp2で破壊できていいわけがないんだよね。

スト2時代の清純エイラが祈祷を出していたように、これ(2でオール破壊)だってマナレシオの大いなる逸脱でしかない。

あいまいで申し訳ないが確かシャドウバースにおけるエンハンスシステムの実装が「バハムート期(第3弾パック)」からだったと思うんだけど…

それをちゃんと利用して、2のよろめは相手のコスト2以下のフォロワーを1体破壊する。

エンハンス4で出せば、相手のフォロワーコスト4以下1体を破壊する、を持つ

エンハンス6でコスト6以下

エンハンス8で8以下…

何処まで粒立てて細々とやるかは置いといてこのようにちゃんと然るべきppを割いて「破壊(除去)」というやり方にしなければならなかった。

 

ところが作り手恒例馬鹿の一つ覚えはネクロマンサーを飛び出してビショップで「愚雷」の実装、異端審問を超える謎のカード引きのおまけつきという凄いモノを作ったり。

それがローテーションで落ちたからって、次に登場したのがまさかの「エクセスプリースト」

アンリミテッドでは愚雷、審問、エクセス、儀式、さらにはテミスで場に何も残らないくっちゃくちゃなゲーム性を作り出している。

 

「シャドウバースは場に何も残らないからつまらない」

と評価を下してとっとと見限っていった先人たちの鋭い読み解きが、今もなお称賛される。